ゆんちゃんの気づき

ゆんちゃんの気づき

現役テニスコーチがゆるく投稿します

MENU

【必見!】テニスコーチの転職事情|オススメ転職3選

こんにちは、現役テニスコーチのゆんです!

皆さん、自分の好きなことを仕事にしたいですか?!

「興味がないことは続かなしだろうし、つまらない」

「自分がやりたいことをして生きていきたい!」

いつかのYouTubeのCMで流れていたようなことを、私も学生のとき考えていました。

 

今回は、新卒でテニスコーチになった私が考える、テニスコーチの転職について書いていきます!

テニスコーチはどんな仕事に転職するの?

テニスコーチから転職するにはどうしたらいいの?

など、テニスをしてきた学生で、テニスコーチに興味がある方には参考になる内容となっています!

 

この記事のポイント

転職先は多種多様

テニスコーチの転職は正直シビア

同じテニスコーチやスポーツショップなどの転職が多くなりがち

 

ゆんがテニスコーチになった理由

f:id:yunyunlee:20210510123405j:plain

私がテニスコーチという仕事を選んだ理由は、ただ一つ!

若い時だからこそできると思ったからです!

「テニスコーチは、ベテランでもできる!」という声も聞こえてきそうですが、ごもっともです!今の会社でも、40代はもちろん、50~60歳の現役コーチもたくさんいらっしゃいます。

しかし、年齢とともに怪我が増えたり、体力が落ちたりすることは否めません。私は若いうちに、若さを取り絵に働ける仕事を選びました。

入社して早くも4年目。30歳も見えてきた今考えても、テニスコーチをしておいてよかったと思っています!

 

テニスコーチの転職事情

ここからは私の見解も含まれますので、あくまで現場のコーチの考えだと思って読んでください。

 

私が入社してから、人事通達でたくさんのメンバーが退職するのを見てきました。退職理由までは書いてありませんが、同期の話や知っているメンバーの話を参考に書いていきます。

f:id:yunyunlee:20210623104029j:plain

テニスコーチの転職先

現場監督

同期の配属校でチーフコーチをしていたSさん。退職後現場監督の仕事に転職したそうです。チーフということで、アルバイトメンバーや後輩社員をまとめていたので、そういった部分では、現場監督に活きることが多いかもしれません。

 

営業

同期のT君の話ですが、彼は配属されて3か月で退職しました(笑)同期で第一号でしたね。彼の場合は、第二新卒で、転職したので、ほぼノースキルで転職しました。完全にポテンシャル採用です。もともと笑顔が素敵で、体育会出身ということもあり、人事受けはいいタイプでした。

 

消防士

同期のS君です。関東の大学でバリバリテニスをしてきて、実業団兼コーチとして採用されていました。もともと消防士になるために勉強していたみたいですが、一年間コーチや選手活動をしながら、試験勉強をし、無事合格して消防士になりました。

 

管理栄養士

同期フロントのSさんは、2年ほどで退職しました。管理栄養士の資格を大学で取っていて、その道に進みたいということで転職しました。

 

ぶっちゃけコーチの転職どうなん?

f:id:yunyunlee:20210518213140j:plain

私も恥ずかしながら転職活動を少ししたことがあります。そこまでガチで取り組んでいなかったこともありますが、正直な話、平のコーチが転職するのはシビアです。(仕事を選ばなければ別ですが)

チーフ、ヘッド、支配人の場合であれば、ある程度マネジメントや数字に対する仕事が大切になるので、転職に活かせる部分もあると思います。

また、第二新卒で行ける歳であれば、ポテンシャル採用してもらえるでしょう。

何かしら資格がある方も何とかなるかもしれません。

 

しかし、一般的なテニスコーチの転職はかなり難しいと思います。というのも、スキルがないからです。私どもテニスコーチのスキルといえば、テニス技術と球出し技術くらいしかありません。それゆえ、転職先もテニススクールであったり、ショップ関係になることが多いです。

 

転職先の会社からしても、使える社員になるまで時間がかかるなら、長いキャリアが見込めて、他社に染まっていない新卒や第二新卒を取るでしょう。

 

オススメする転職パターン3選

テニスコーチが転職をスムーズにするパターンを3つ紹介します。

f:id:yunyunlee:20210519184434j:plain

役職ついてから転職

私も役職がない平社員なので、正直どうか分かりませんが、現場監督をしている先輩のパターンです。コーチとして昇進し、メンバーをまとめたり数字を追うことで、他社でも活かせる実務経験ができると思います。支配人クラスになれば、一事業所をまとめるので、引く手あまたでしょう!

 

早い段階で転職

私の同期たちのパターンで、早めに見切って、転職する方が障害は少ないかもしれません!せめて3年以内に転職した方がいいと思うので、計画的に転職活動をした方がいいですね!

 

独立・起業

転職とは違いますが、フリーコーチとして独立したり、新しい事業を始めるパターンです。独立のデメリットもありますが、「やらなきゃ明日の飯がない」というくらい背水の陣であれば、何が何でも稼げるようになろうと必死に努力するはずです!

最近はフリーコーチも増えてきたので、マーケティングスキルや全国レベルの戦績があるコーチは、差別化できると思います!

 

まとめ

f:id:yunyunlee:20210505105710j:plain

テニスコーチの転職は、業種・業界を問わず色々あるが、スポーツ系が多い

転職するなら、昇進してから or 早い段階でする

テニスの実績がある、何か新しいことをしたい場合は、フリーや起業も選択肢に!

 

テニスコーチという仕事自体は私も大好きですが、他の仕事に比べると転職やキャリアアップは難しいです。なんとなくレッスンをこなすのではなく、何か学びながら仕事していけば、他社から求められる人財になれると思います!